FC2ブログ

EffectorBook。 

171215_1.jpg

今号は僕は記事は書いていませんが、The Effector Book Vol.38が発売されています。
ギタリストにとっては永遠のテーマの一つであるFuzzFace特集ということで、興味深く読める内容だと思います。



以前アップしたこの動画では、Axe-FxのFuzzFaceのエフェクトブロックを使用しています。Axe-FxのFuzzはアッパーオクターブだとちゃんと本物と同じ特定のポジションじゃないとアッパーオクターブにならなかったり、かなり再現度は高くてナイスです。FuzzFaceのエフェクトブロックでも、かなり自由に回路デザインを変更することができるので、自分なりのサウンドを作り込んだりすることができます。と、Fuzzは、そんな色々なTipsのあるエフェクターではありますが、難しく考えずに積極的に音作りに取り入れると面白いペダルだと思います。

Fractalの場合は、 1台で完結させることができるのでデジタルでも成立していますが、ギターとアンプの反応を促進させるような使い方をするのが効果的なFuzzですから、本来的にはデジタル化の難しいペダルです。今後さらにペダルボードのデジタル化が進んだとしても、Wahなどと並んで最後までアナログであることに意味が残るのではないでしょうか。

色々と音を作る上でも、歴史を知るというのはとても大事だと思います。
出自のちゃんとしたデータがまとまっているのはナイスですよね。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://guitaryou.blog.fc2.com/tb.php/4359-5ae928c3