FC2ブログ

SONY SRS Z1改造。 

180424_1.jpg

CAA OD100をメンテしようと思ってシャーシをケースから外していたのですが、足りないパーツがあって今日は放置することにしたので、こちらはケーブルだけ用意して放置されていたSONY SRS Z1のケーブルを変えてみました。

デフォルトのケーブルが本当に短い。
スピーカー直出しのケーブルが多分1mに届かない感じの長さなので、脇に専用の3Wアンプを置いてデスクトップでステレオにしようとするとケーブルにテンションがかかりそうで気になっていたんですよね。長い分にはいつでも切ればいいかと思ったらちょっと長すぎましたが。

エンクロージャー内部がどうなっているかは前に書いた通りで、スピーカーなのにシールド線で接続されているという不思議な構成です。おそらく開発のコンセプトとしてはちょっと大きな音の出るヘッドフォン、という感じなんだろうと思います。だから、ケーブルもシールド線だし短くていい、という潔さが感じられます。

180424_2.jpg

坂東電線の1芯シールドマイクケーブルを使ってみました。メーター200円もしないような汎用品です。
柔軟なケーブルで、取り回しが大変楽です。最近よく使っていますがいい意味でオーディオらしさがなくて結構いいのでは?と思っています。

デフォルトのケーブルと比べると今回つけたケーブルはこんな感じです。
太さは正直間違えました。おかげで若干筐体を削ることに。ユニットがついているのはアルミダイキャストなのですが、蓋部分はABS樹脂なのでカッターやヤスリで簡単に削れます。SRS Z1は中古でも簡単に入手することができますが、低くない確率で端子部分が経年劣化で接触不良を起こしているので注意です。

ユニット側のハンダ付けはしっかりしていて、ケーブルの断線も考えにくいので多くはプラグの接触不良だと思います。そのためプラグだけ交換してもいいですが元から短いケーブルをさらに短くしてしまうのはいかがなものかということで、今回はせっかくだからケーブルも変えてみようという感じで試してみました。

音はというと、そもそもSRS Z1は小型でローが出ないスピーカーユニットとローを少しブーストしてあげるアンプを組み合わせて音のつじつまを合わせているような気がしますが、ケーブルで随分ロスがあったんだなと思わされる感じです。こんなに小さなスピーカーなので変わっても大したことはないんですが、ミッドからローにかけての密度が増えた感じです。

SRS Z1の、小さいながらに音場を作れるミニシステムという魅力はもちろんそのままなので、バリエーションとしてなかなか良かったです。オリジナルと並べてもうちょっと聴き比べてみたいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://guitaryou.blog.fc2.com/tb.php/4423-77172426